top of page
  • 執筆者の写真土方ひとみ

自己紹介②~整理収納アドバイザーになろうと思ったきっかけ~後編

前回の続き



ドキドキしながらメッセージをしました。

Iさんは、そんな私を気持ち悪がることなく(笑)

興味を持ってくれたことに喜んでくれました。



パーソナルスタイリストとは

どういう仕事なのか

どうして、パーソナルスタイリストに

なろうと思ったのか

そこまでどんな道のりだったのか



今まで自分のまわりで

個人事業主として働いてる人を

知らなかったので、

とっても興味がありました。



そして、2人でランチをする約束をしました♡

ドキドキ…



カフェのキッチンカウンター

ランチの時

Iさんが私より2歳上だと知り


色々話を聞く中で

「40歳になっても諦めず

挑戦したいと思ってる」


その言葉を聞いて


私も何かやりたい!!


そんな想いに駆られました!



 


その時、私は8年近く働いていたパート先を

変えたばかりでした。



上の子どもたち2人保育園に入れる時

条件だけで選んだクリーニング屋の工場の仕事

産休を取りながら3人目、4人目を出産



4人目が、1歳半になる37歳の時

もう一度、建築関係の仕事に就きたい!

これがラストチャンスかもしれない!

と思って、建築会社で働き始めたばかりでした。

(念願の建築会社に入れ、定年までここで働く、と思っていました)



会社に入った時に、

会社案内に、在籍している社員の所有資格に

「整理収納アドバイザー」がありました。



もともと片付けや収納の特集記事やテレビ番組が大好きで

「整理収納アドバイザー」という資格を知っていました。

テレビや雑誌の中の人だと思っていたのに、

身近にいることを知り、興味がわきました。

でも、会社の人に確認すると

もうその人は在籍していませんでした。



「整理収納アドバイザー」を身近に感じた私は

資格取得までどんな過程なのか

お金はどのくらいかかるのか調べてみました。



そして、決して安くないお金がかかること

試験などもあり、難しそうなこと

その後、それを活かさなければもったいないこと…



ただ取るにしては、時間やお金、労力もかかりそうで

興味本位だけで取るものではないことを知って

Iさんのことを知る前だったので

「ふーん」と思って、終わりました。



開かれた本

 

Iさんの話を聞いて

私が何かに挑戦するなら…と

真っ先に思ったのは整理収納アドバイザーでした。



収納が大好きだったし

自分の家もそれなりにきれいにしてる

(と思っていた…)

そして2級建築士という資格や

子どもが4人いること

2世帯住宅で暮らしていることも強みになると思ったのです。



一度は自分の中で「ないな」と思った整理収納アドバイザーでしたが

その時には「整理収納アドバイザー」しかない!

整理収納アドバイザーになりたい!と思いました。


整理収納のテキスト

まだまだ続きます…



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

תגובות


bottom of page